法人なかま

20175May

ダイジェスト

秋田県五城目町の絵シリーズ】

田植え5月の里山はもうすっかり緑に覆われ、桜前線もすぐ近くまで来ています。五城目の桜は東京より1か月程遅く咲きます。人も自然にウキウキして 活動開始です。同時に農家は田植えの準備で忙しくなり、上旬頃から田んぼに水が張られ田植えが始まります。五城目町は「あきたこまち」の生産地で、こ の地域の多くの農家は法人化されていて、知り合いの「山ゆり」は34軒の農家が集まり、72ヘクタールの大農業を経営しています。そこで働く人は朝8時~ 17時勤務の会社員です。「田植え歌」が聞こえる手植えはもう見られませんが、大型の田植え機の響きがあちこちから聞こえます。

(絵と文 下田祐治)