他の老舗を見る

親子三人で暖簾を守る 自慢は穴子と玉子焼き

東かんだ 帆掛鮨




奥さんとの息もピッタリ





最近はこういう佇まいのお店はめっきり少なくなった。





大野さんに古い袢纏を着てもらった。
 最近、嬉しいことが一つあった。帆掛の印の入った古い袢纏が「お宅にあった方が」と、引っ越しをするご近所のお宅の好意で、店に里帰りしたのだ。戦前までは「お店袢纏」をご近所などに配る“粋な商習慣”があった。明治12年創業の老舗を受け継いで40年。とにかくよく働いてきた、という三代目主人の大野芳男さん。次の祭りには、この袢纏を着て店に立ってみようかと考えている。

─まず、お店の名前の由来から。

 江戸時代の末期、越前大野村(現在の福井県大野市)から江戸に出た祖父が、すしの修行をし、この地に店を構えたのが明治12年と聞いています。その創業者が修行した店が“ほかけ鮨”。おそらく暖簾分け。漢字の「帆掛鮨」にしたのは父の代からです。漢字が好き、という単純な理由。

─最近は派手な看板の寿司店が多くなって、こうした落ち着いた
 構えの店が少なくなりました。


 奥の座敷の方が昭和25年、こちらの建物が昭和35年の建築です。父が頑丈に建ててくれたので、騙しだまし使って今日まで。古風な建物が懐かしいと、ふらっと見える年配のお客様もいらっしゃる。

─現在、お店を支えておられる方々は?

 幸いなことに、後を継いでくれるという長男と家内の三人だけ。気を使わずに楽しく仕事ができます。父と母が健在だった頃は、職人もいて総勢8人だったこともあります。最近は出前も、畳の部屋の宴会もめっきり減りました。やはり、ご時世なんでしょうか。中年の方までがコンビニの弁当で平気な時代です。

─ご主人が三代目を継がれたのは?

 姉がいましたが男は私だけ。なりゆき、というか父も継ぐのが当然と思っていたようで、商業高校を出てすぐこのみちへ。父が元気だったので2年ほど外で働き、後は父にみっちり仕込まれました。
─帆掛鮨というと札幌の店がいま売り出し中。
 そこの主人は神田の老舗で修行したといっていますね。


 父の元に9年間いた方。私の兄弟弟子ということになる。店の名前を使わせてほしいというから“いいよ”と。昨年の夏休みに向こうへ行ってきました。“札幌で聞いてきた”というお客様もここに見えるし、出張の方には向こうを紹介したり、そんな関係です。

─店を増やすことはお考えにならなかった。

 「この商売は人まかせでできるものじゃない」が父の持論でしたから。この教えを頑固に守ってきただけ。まあ、それじゃ発展もないんでしょうが、私はこれでいいと思っています。

─四代目は継ぐことをすんなりと?

 やはり長男で息子は一人。何年か外で修行して勉強になってるようです。いい所は取り入れていけばいいんですから。嫁さんはまだで、それはもう一代続く跡取りを願っていますが、こればかりは縁で。

─最後にこれだけは他に負けないという自慢のネタは?

 敢えて江戸前などとうたわないのは当たり前だから。新しいネタはなく、すべて昔のまま。秘伝(?)の“詰め”を使う穴子と自分で焼く玉子の評判がいいようです。



穴子の味を、とご主人が握ってくれた。
穴子が口の中で溶けた。




手作りの玉子焼き、上には帆掛の文字が。
会 社 名有限会社 帆掛鮨 ほかけずし(創業1879年)
住  所東京都 千代田区 東神田2-10-3
電  話03-3866-4943
事業内容すし

他の老舗を見る