本文へジャンプ

使える!ビジネス百科シリーズ

第8回 残業とサヨナラして、人生を豊かに!「朝活」は、できるビジネスパーソンの証し

知っておきたい! ビジネスマナー&スキル講座

役職や年収の高い人ほど実践している

 就業時間を1時間ほど前倒しする「サマータイム」。この夏、節電対策のひとつとして話題になりましたが、時間をシフトして"朝"を有効活用しようという取り組みは、すでに数年前からブームの気配──。「朝活」の呼び名で、できるビジネスパーソンの条件ともいわれています。
 実際、ある生命保険会社の調査によれば、朝活を実践している人の割合は41.2%。「役職や年収の高い人」の方がその率が高いという結果が出ています。
 代表的なメリットは、「頭がすっきりしているうちに、仕事をこなせる」「電話や来客がなく、集中できる」「オンタイム、オフタイムのリズムが安定する」など。かの鉄鋼王・カーネギーも「朝寝は時間の出費である。しかも、これほど高価な出費は他にない」といっています。
 もちろん、朝活の場はオフィスだけに限りません。自宅で資格の勉強、近所をジョギングというのもそうですし、案外多いのが、出勤前に会社の近くのカフェやファストフード店で過ごすという人。読書をしたり、新聞やネットでニュースをチェックしたり、貴重な時間を上手に使っています。

朝活のマーケットも拡大中

 朝型人間をサポートするプログラムやグッズも着々と充実してきています。
例えば、一般社団法人などが運営する市民大学の「丸の内朝大学」などはそのひとつ。ここでは朝7時台から、スポーツやエコロジー関係、ビジネススキルなど多彩な講座を開き、意欲的なビジネスパーソンをバックアップしています。
そのほかにも、仕事に役立つセミナー、異業種交流会、英会話スクールなど、各事業者が独自のサービスを展開しており、朝活のマーケットは確実に拡大中。グッズの分野でも、起床からの時間を徹底活用できるよう工夫された手帳などが人気を呼んでいます。
夜の時間帯よりも、生産性が2~3倍高い、と実践者が口を揃える朝の時間の有効活用。ぜひトライして、ワンランク上の自分を目指してみてはいかがでしょうか。

朝活のマーケットも拡大中

 朝型人間をサポートするプログラムやグッズも着々と充実してきています。
例えば、一般社団法人などが運営する市民大学の「丸の内朝大学」などはそのひとつ。ここでは朝7時台から、スポーツやエコロジー関係、ビジネススキルなど多彩な講座を開き、意欲的なビジネスパーソンをバックアップしています。
そのほかにも、仕事に役立つセミナー、異業種交流会、英会話スクールなど、各事業者が独自のサービスを展開しており、朝活のマーケットは確実に拡大中。グッズの分野でも、起床からの時間を徹底活用できるよう工夫された手帳などが人気を呼んでいます。
夜の時間帯よりも、生産性が2~3倍高い、と実践者が口を揃える朝の時間の有効活用。ぜひトライして、ワンランク上の自分を目指してみてはいかがでしょうか。

 朝型人間をサポートするプログラムやグッズも着々と充実してきています。
例えば、一般社団法人などが運営する市民大学の「丸の内朝大学」などはそのひとつ。ここでは朝7時台から、スポーツやエコロジー関係、ビジネススキルなど多彩な講座を開き、意欲的なビジネスパーソンをバックアップしています。
そのほかにも、仕事に役立つセミナー、異業種交流会、英会話スクールなど、各事業者が独自のサービスを展開しており、朝活のマーケットは確実に拡大中。グッズの分野でも、起床からの時間を徹底活用できるよう工夫された手帳などが人気を呼んでいます。
夜の時間帯よりも、生産性が2~3倍高い、と実践者が口を揃える朝の時間の有効活用。ぜひトライして、ワンランク上の自分を目指してみてはいかがでしょうか。

【参考】ライフネット生命保険「ビジネスパーソンの朝活に関する調査」

法人なかま 2010年4月号掲載